サイトマップ
english
トップページ大学院志望の方へ学位授与規定
>> 前のページに戻る

学位授与規定

博士課程学位授与基準について

  学位授与基準
生物資源環境科学府 博士課程の修了用件は「九州大学大学院生物資源環境科学府規則」第13条に基づく。各専攻の申請資格を満たす者に対して、学府教授会で承認された3~4名の審査員による学位論文の審査および最終試験の結果を基に、専攻および学府教授会で審査と修了認定が行われる。
資源生物科学専攻 (農業生物資源学教育コース)
博士論文の審査に当たっては、課程博士では査読付き学術雑誌に筆頭著者として1編以上の業績が必要であることとする。また、論文博士では査読付き学術雑誌に5編以上の業績(筆頭著者としての業績が3編以上)があること、あるいはこれに準ずる業績が必要であることとする。
(動物・海洋生物資源学教育コース)
博士論文の審査に当たっては、課程博士では査読付き学術雑誌に筆頭著者として1編以上の業績が必要であることとする。また、論文博士では査読付き国際誌を含む学術雑誌に5編以上の業績(筆頭著者として3編以上の業績)があること、あるいはこれに準ずる業績が必要であることとする。
環境農学専攻 (森林環境科学教育コース)
博士論文の審査に当たっては、課程博士では査読付き学術雑誌に筆頭著者として2編以上の業績が必要であることとする。また、論文博士では査読付き学術雑誌に筆頭著者として5編以上の業績が必要であることとする。
(生産環境科学教育コース)
博士論文の審査に当たっては、課程博士では査読付き学術雑誌に筆頭著者として2編以上の業績が必要であることとする。また、論文博士では査読付き学術雑誌に筆頭著者として3編以上の業績が必要であることとする。
(農業環境科学教育コース)
博士論文の審査に当たっては、課程博士では査読付き学術雑誌に筆頭著者として1編以上の業績が必要であることとする。また、論文博士では査読付き学術雑誌に5編以上の業績(筆頭著者として3編以上の業績)があることとする。
(サスティナブル資源科学教育コース)
博士論文の審査に当たっては、課程博士では査読付き学術雑誌に筆頭著者として2編以上の業績が必要であることとする。また、論文博士では査読付き学術雑誌に筆頭著者として5編以上の業績が必要であることとする。
農業資源経済学専攻 博士論文の審査に当たっては、課程博士では学術雑誌に筆頭著者として2編以上の業績があるか、査読付き学術雑誌に筆頭著者として1編以上の業績があることが必要であることとする。また、論文博士では、査読付き学術雑誌に筆頭著者として5編以上の業績が必要であることとする。
生命機能科学専攻 博士論文審査に当たっては、課程博士では査読付き欧文誌に筆頭著者として1編以上の業績があるか、あるいは掲載受理となっていることが必要であることとする。また、論文博士では査読付き学術雑誌に5編以上の業績(筆頭著者として3編以上の業績)があるか、あるいは掲載受理となっていることが必要であることとする。
生物産業創成専攻 博士論文審査に当たっては、課程博士では査読付き欧文誌に筆頭著者として1編以上の業績があるか、あるいは掲載受理となっていることが必要であることとする。また、論文博士では査読付き学術雑誌に5編以上の業績(筆頭著者として3編以上の業績)があるか、あるいは掲載受理となっていることが必要であることとする。

なお、この修了基準は、課程博士においては平成22年度以降に入学した者、論文博士においては平成22年度以降に論文を提出した者から適用される。

博士課程学位申請資格について

  学位申請資格
資源生物科学専攻博士論文の提出に当たっては、各教育コースで業績、論文内容、審査員を確認し、事前了承を得ることとする。また、課程博士では、修了要件単位数16単位のうち、特別実験科目2単位を取得しておく必要がある。
環境農学専攻博士論文の提出に当たっては、各教育コースで業績、論文内容、審査員を確認し、事前了承を得ることとする。また、課程博士では、修了要件単位数16単位のうち、特別実験科目2単位と選択必修科目4単位の合計6単位を取得しておく必要がある。
農業資源経済学専攻博士論文の提出に当たっては、専攻で業績、論文内容、審査員を確認し、事前了承を得ることとする。また、課程博士では、修了要件単位数16単位のうち、特別実習科目2単位と選択必修科目4単位の合計6単位を取得しておく必要がある。
生命機能科学専攻博士論文の提出に当たっては、専攻で業績、論文内容、審査員を確認し、事前了承を得ることとする。また、課程博士では、修了要件単位数16単位のうち、特別実験科目2単位を取得しておく必要がある。
生物産業創成専攻博士論文の提出に当たっては、専攻で業績、論文内容、審査員を確認し、事前了承を得ることとする。また、課程博士では、修了要件単位数16単位のうち、特別実験科目42単位を取得しておく必要がある。

なお、この申請資格は、課程博士においては、平成22年度以降に入学した者、論文博士においては平成22年度以降に論文を提出した者から適用される。

□ 平成21年度入学者、博士課程学位授与基準は、こちら

入試情報

大学院案内