サイトマップ
english
トップページ新着情報一覧詳細
>> 前のページに戻る

詳細

松江勇次特任教授、天津市海河友誼賞受賞のお知らせ

農学研究院 松江勇次特任教授の2011年度「天津海河友誼賞」受賞について

平成23年9月29日、本学大学院農学研究院 松江 勇次 特任教授が、中国天津市政府から、天津市での共同事業と両国友好のために多大な貢献をした外国人に贈られる「天津市海河友誼賞」を受賞しました。

松江特任教授は、天津農学院客員教授として、天津農学院および天津市政府に対して、中国水稲の品質・食味の理論研究、良食味米生産技術の開発ならびに人材育成に多大な貢献をしたことが高く評価され、今回の受賞に至りました。水稲におけるジャポニカ米の食味研究としては、初めての受賞内容です。

松江特任教授は、天津市との共同研究プロジェクトを通じて、米の食味という概念自体がなかった中国において、米の食味研究の生みの親となっています。天津農学院に、中日水稲品質・食味共同研究センターという初めての米の品質・食味に関する研究機関を設立する原動力となり、同センターの栽培研究部門・品質評価部門の責任者として、中国における遺伝資源を利用した良食味水稲品種の育成と栽培研究の指導にあたっています。さらには、中国における米の品質・食味に関する初めてのシンポジウムの開催にも努力し、天津農学院において客員教授として、次世代の研究者を育成するための教育活動にも携わっています。


「天津市海河友誼賞受賞」のお祝い