サイトマップ
english
トップページ組織・教員一覧組織一覧附属組織一覧
>> 前のページに戻る

附属組織一覧

農学部附属農場WEB SITE

附属農場は原町農場、篠栗農場、高原農業実験実習場の3つのキャンパスからなり、学部学生に対して農学理論にもとづく生産技術について体験的な実習教育を 行っています。さらに広いフィールドを活かして、作物・農業機械・園芸・畜産に関する基礎から応用までの幅広い研究を行うとともに、環境保全型農業や物質 循環型農業の発展を目指して、先端情報技術を用いた実践的な研究も進めています。

農学部附属演習林WEB SITE

 

生物資源環境科学府附属水産実験所WEB SITE

 

農学研究院附属生物的防除研究施設WEB SITE

生物的防除研究施設は、天敵(益虫と有用微生物)を利用して害虫を防除する、いわゆる生物的防除を専門に教育研究を行っている、アジアで唯一の機関として 知られています。生物的防除は自然の法則を利用して害虫を防除するので、生物種および環境保全に最適な方法の一つとして、近年特に注目されています。

農学研究院附属遺伝子資源開発研究センターWEB SITE

遺伝子資源は、学術研究上はもちろん、農・医・薬・工業など産業利用と共に地球環境の保全のためにも重要な国家的・世界的財産です。遺伝子資源開発研究セ ンターでは、九州大学農学部が世界的に特色ある研究を推進してきたカイコ、イネ及び産業上重要な発酵微生物について、遺伝子資源を安定的に維持・保存する ことや、優れた形質を持つ遺伝子資源を新たに開発し、遺伝子操作などを用いて改良し、さらに有効に活用するための研究を行っています。

農学研究院附属国際農業教育・研究推進センターWEB SITE

 

農学研究院附属イノベーティブバイオアーキテクチャーセンターWEB SITE

イノベーティブ・バイオアーキテクチャーセンター(iBAC)は、 平成26年度までに活動した九州大学バイオアーキテクチャーセンター(KBAC)における成果を基盤として、バイオマスの階層構造を生かしたナノからの産業素材・エネルギーデザイン(産業素材マテリアル・エネルギーデザイン:工学との境界融合領域への展開)、ならびに代謝物プロファイル変動から「健康の質」低下を予測・予防する代謝デザイン(ポジティブヘルスデザイン:医学・薬学との境界融合領域への展開)の研究を追求するために、2015年4月から新たに発足した農学研究院に所属する研究所です。バイオマテリアルとメタボリックシステムの2つの部門からなり、農学研究院の関連施設および生物資源環境科学府(大学院博士課程、修士課程)と連携しながら、教育および研究を行っています。

農学研究院附属昆虫科学・新産業創生研究センター

 

研究教育支援センターWEB SITE

 

伊都キャンパス農学研究院分室WEB SITE

 

附属彦山生物学実験施設

 

唐津水産研究センター共同研究部門

 

関連組織一覧

生物環境利用推進センターWEB SITE

生物環境利用推進センターは、温度、湿度、光条件などを人為的に調節した実験室を九州大学の生物学関連分野に提供している共同利用施設です、大学院教育に参画しており、環境問題を含む生物と環境との関わりについて専門的な知識を有する人材の育成を行なっています。

熱帯農学研究センターWEB SITE

 

有体物管理センターWEB SITE

 

植物フロンティア研究センターWEB SITE

 

合成システム生物学研究センター【設置期間終了】

 

食品機能デザイン研究センター【設置期間終了】

 

組織について

組織一覧

教員一覧